ダイニングの特典やイベント情報

2015年3月のセンチュリオン会員向けメルマガ1
最終更新日:2015年9月22日 リライト及び内容の追記

はじめに

2015年3月17日のセンチュリオン会員向けメルマガの内容になります。

画像の上方に横に一本入っている横線は何やねん!とツッコミをいれるところから入ったメルマガでしたが、決して私の編集ミスとかではありません。

最初からこのように漏れなく横線入りで配信されたようです。

今回のメルマガはダイニングアクセスを中心とした食事系のコンテンツのみになっていて、ディナーイベントとかの情報盛りだくさん…というほど盛りだくさんでもないですけど、構成的には大きくは3つ構成。

最近思うのですが、センチュリオンカードは「どのようにすればインビテーションをもらえるか?」を深く考えるよりもはるかに難しいレベルに「どのようにすれば有意義に活用できるか」というポイントをよりアクティブに活用することによって見つけ出すというのは、面白いかなとも思っています。

また、そういう観点でいえば、現センチュリオンカード会員、または元センチュリオンカード会員の方々の「今の生活」を発信しているサイトがいくつかあるのもわかるような気もしますね。

どちらかというとそれらのサイトは旅行関連、またはホテル関連の情報発信がメインになっている印象ですので、センチュリオンカードの真骨頂というのはやはりそちら側に属性が寄っているということなのかもしれません。

また、カード発行主とカードを使う場所、カードを使う人という三角関係が、あらゆる場面で上手に機能するのって、良く考えてみるとホテル関連なのかなって思ったりもしますよね…ちょっとこの件に関しては、いずこかのタイミングで考察ができればと思います。

ダイニングアクセスの説明と新規参加店舗の紹介

毎度の説明ですが、ダイニングアクセスは対象店舗にて、ディナーを予約した場合(2名~4名)に1名分の料金が無料になるというサービスですね。

そちらについての特典の改めての説明がされた後に、オンライン予約の流れなどについての説明が入っています。

ダイニングアクセスは、「ぐるなび」との協力のもとに行われているサービスなのでしょうか、センチュリオンウェブのダイニングアクセスから「ぐるなびのプレミアムレストラン × ダイニング・アクセス」に移動していく流れになります。

新規参加レストラン

・Mario I sentierl(マリオイセンティエリ):イタリアン
・咲蔵(さくら):近江牛懐石料理(滋賀・守山)

小山薫堂氏プロデュース ダイニング・イベント

2015年の第一回目となる、ダイニングイベントは中華の鉄人 脇屋友詞シェフのスペシャルディナーイベントになっているようです。

脇屋シェフとは別に、小山氏が招待した料理界を代表する有名シェフも招いているようで、この2人のシェフによるコラボ企画になっています。

【日時】 2015年5月29日(金) 会食19:00~(受付18:30~)
【会場】トゥーランドット 臥龍居(赤坂) Y’s CROSS ROAD 1-2階
【参加費】1名様20,000円+消費税
【募集人数】20組40名様
【募集締切日】2015年4月12日(日)

Special Invitation「Red U-35」入賞者のレストランへ招待

Red U-35という、まぁ35歳以下の若手料理人さんを発掘する料理人コンペがあるのですが、この協賛企業にアメリカンエキスプレスが入っているわけでして、このRed U-35の入賞者のレストランへセンチュリオンカード会員をご招待という流れみたいですね。

食にこだわりがある人は多いと思いますが、使えるお金が多くなればなるほど食へのこだわりは際限のない世界になっていくような気がします。

もちろん一流の料理人というのは、万人に受け入れられる料理を提供してくれるとは思うのですが、実際問題のところは私も含めた食べる側のレベルが追いつけません。

ワインを提供する側のこだわりやセールスポイント、あるいはそのワインが高い所以のようなものが、飲む側があまり理解できないことが多々あるのと同じような感覚でしょうか・・・いや、もちろんとにかくワインにこだわりがある愛好家しかわからないような領域の話をしているつもりですが。

そういう意味では、自分が本当においしいと思える料理人との出会いっていうのは、その後の人生をとても豊かな実りの多いものにしてくれると思います。またそれが自分と近い年齢であれば、もしかしたら一生涯のお付き合いができるものかもしれません。

そういう意味では、一流の料理を食べることのできる機会以上に、出会いの機会なのかもしれません。今回の紹介店舗は4つ。

  1. L’AS(フレンチ)
    東京都港区南青山4-16-3 南青山コトリビル1階
  2. ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション(フレンチ)
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド2階
  3. Wakiya一笑美茶棲(中華料理)
    東京都港区赤坂6-11-10
  4. レストラン ラ・フィネス(フレンチ)
    東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル地下1階

以上が今回のメルマガの要約になります。

ちょっと脱線

これらのレストラン系のサービスというのは、ある意味では食事というカテゴリーで、おいしいかどうか?みたいな部分とその金額との兼ね合い、などなどが注目されがちだと思います。

ただ、お金に余裕がある方々であればなおさら、良いレストランに行って良いシェフあるいはオーナーシェフなどと顔見知りになることによって思わぬ副産物を生むことになります。

これは、やっぱりオーナーシェフさんとのお付き合いの中で、その店を気に入っているような著名な方や、自分のネットワークでは到達できないような有力者さんなどがいらっしゃって、その方々を紹介していただける機会などが発生することは、良くあります。

そういう意味では、特典の有無とかそういう話だけではない、見えない付加価値というものはこのセンチュリオンカードを使っていることによって発生していることは間違いないです。

よろしければシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です