世界遺産・唐招提寺を巡る

2015年3月20日のメルマガ
最終更新日:2015年9月23日 内容の校正および追記

2015年3月20日のセンチュリオンカード会員用メルマガの内容共有になります。

1月~3月がぜんぶ同じ画像が使われていることに衝撃と動揺が隠せない私ですが、きっと四半期ごとに変えてるとかに違いないとか勝手に自分を納得させておいて先に進みます。

考えられる理由としては、このメルマガにあまり予算を割いてもコンバージョン率が高くないのでしょうね。

センチュリオンカード会員の中でも利用金額が多ければ多いほど、この手のプロモーションメールをいちいち自分でチェックしている人は少ないと思いますし、仮に見ていたとしても多くの人は自分の携帯にセンチュリオンデスクの番号が登録してあるだろうから、ちょっと見たらすぐに電話して確認、みたいな話にしかならないのだと思います。

実際問題として、私もこのサイトをやるまではいちいちメールのチェックもしていなければ、サイトにログインをすることもありませんでしたので。

これはこれで、今後どうなっていくのかちょっと興味深いところでもあります。

なぜかというと、このアクションの導線としては、とりあえず何かあったら聞く、という行動基準がベースにある人達ですね。

新しい世代になればなるほど、とりあえず何かあったらググる、というベースに明らかになっています。

これって忙しいからとか、そういう理由もあるのかもしれませんが、さすがに子供のころから何でも自分で調べたら大抵ことは検索できた世代になると、自分の目的が明確になっている状況から電話をするケースが増えると考えられ電話をもらってからより良い提案をするセンチュリオンデスクのファンクションでは、求められているサービスとの乖離が発生してくるのではないか、とも考えられます。

まぁ、もっといえば、クレジットカードのステータス性というものはそもそもどんどんなくなっていくわけで(あるいは既になくなっているわけで)、少なくともカードの色で発生するような違いというものは今後は求められず、表面的には変わらずとも上級会員では得られるサービスそのものの差別化しかできなくなるような気がします。

さて…ちょっと脱線をしてみまいました。では、メルマガの内容に進みたいと思います。

今回の内容は大きく分けて4つ。

アメリカン・エキスプレス・コネクト

タイムリーに利用可能な優待特典情報をチェックしたい場合には、アメリカン・エキスプレス・コネクトというWEBサイトを活用するのが良いようです。

期間限定の買い物優待などの情報もあるようなので、どこかで買い物をしよう!という気合いが入っている日には、一度チェックをしてみると良いでしょう。PC・スマホ・タブレットからチェックすることができます。

が、しかし!上記にも記載した通り、そもそもこのようなサービスをネット側に寄せて、ユーザーが自分で調べるようにする戦略と、センチュリオンカードのように情報を外側へは遮断しているような場合のケースってサービス展開としてはなかなか難易度が高そうですよね。

理由はやっぱり、センチュリオンカード会員がわざわざ自分でサイトをチェックしてくれる可能性が低いのではないかという仮説。

オーストリア旅行の紹介

ザルツブルグ音楽祭の観賞などができるオーストリアの旅行についての情報です。

芸術や文化を堪能するオーストリアへの旅」だそうです。

いや、コアラとカンガルーやろ??

となった私は、そもそも国を間違えてました。

すみません。

オーストラリアではなくオーストリアです。ウィーン少年合唱団とかのオーストリアです、はい。

JTBロイヤルロード銀座が提供するパッケージツアーの中からの紹介になっています。

訪問の月によって観賞できる内容がことなるため要注意。

6月・9月・10月出発分:ウイーン少年合唱団
7月:ザルツブルグ音楽祭

唐招提寺のイベント

センチュリオンカード会員限定のイベント「世界遺産シリーズ」の2015年第2弾。

今回は天平文化の世界遺産、唐招提寺です。

御影堂が公開される時期には国宝の鑑真和上坐像、天平の名宝や障壁画なども見ることができるのは良いですね。

普通の人生を普通に送っていたら、あまり見ることができない物ですので、必要になる費用以上にこの機会を買うという意味であれば安いものですね。

人間、ある程度良くが満たされていくと、文化的なもの、芸術的なものに興味が進みがちな気がするのは気のせいでしょうか?

・・・いや、気のせいですかね・・・ロードサイクリングとかトライアスロンとかにはまっていく人も沢山いますし・・・。

まぁ、人それぞれということなのかもしれません。

ダイニングアクセス

前回のメルマガでも紹介されてる中華の鉄人のディナーイベントについて改めて言及されていました。

ダイニングの特典やイベント情報

2015.03.17

脇屋シェフとは別に、小山氏が招待した料理界を代表する有名シェフも招いているようで、この2人のシェフによるコラボ企画になっています。

【日時】 2015年5月29日(金) 会食19:00~(受付18:30~)
【会場】トゥーランドット 臥龍居(赤坂) Y’s CROSS ROAD 1-2階
【参加費】1名様20,000円+消費税
【募集人数】20組40名様
【募集締切日】2015年4月12日(日)

またダイニングアクセスとして、2名~4名でのディナー予約の特権として1名分無料となるサービスが利用できる店舗の紹介がされています。

・リストランテ ツヅキ(イタリア料理): 
 東京都目黒区八雲5-14-19 フレミッシュ駒沢2階

・すし游(日本料理): 
 東京都台東区西浅草3-16-8

以下は、メインコンテンツには入っていませんでしたが記載があったので少々言及しておきます。

プリファードゴルフ

メルマガの中では何も触れていませんでした。

何それ?って方のために説明だけはしておこうと思います。

提携ホテルに2泊以上宿泊する場合に、ホテルが契約をしているゴルフコースのプレイ代金1ラウンド分が無料になるもので、通常は$295必要になる年会費がセンチュリオンカード会員は無料になります。

【対象】
センチュリオン・カード基本カード会員と家族カード会員

【主な提携ホテルとゴルフコース】

└ハワイ
 マウナ ラニ ベイホテルズ アンド バンガローズ
(マウナ ラニ サウスコース)

カリフォルニア
 コードベール ア ローズウッド リゾート
 (コードベールゴルフ クラブ)

 ザ グランド デル マー
 (ザ グランド ゴルフ クラブ)

└フロリダ
 イニスブルック リゾート アンド ゴルフ クラブ 
 (クーパーヘッドコース)

その他のホテル・ゴルフコースはセンチュリオン会員ウェブサイトで確認できます。

プリファードゴルフプログラムに登録をすると、同時にプリファードホテルグループの「IPREFER」(アイプリファー)プログラムにも登録されるため、下記のような特権が受けられます。

・部屋のアップグレード(空室状況により)
・インターネットの無料アクセス
・優先アーリーチェックインとレイトチェックアウト

エアポート送迎サービス(国内)の紹介

センチュリオンデスクを利用して予約をして航空券を予約した場合の日本国内の自宅から空港、空港から自宅への移動のためにタクシーの手配をしてくれます。もちろん費用はかかりません。

ちなみにどうでもよい話ですが、自宅から空港の送迎はまぁ普通な感じでしたが、空港から自宅の送迎の際に、空港で名前が書かれたプラカードで税関通過後の出口のところに運転手さんが立っています。

恥ずかしいです。いや、真面目に恥ずかしいです。

でも、楽なんですよね。

フライトの後ってなんだかんだで疲れていますので、空港着いたらすぐに車に乗り込んで、あとは特に何もせずとも家まで連れて行ってもらえるのは本当に楽です。

え?

センチュリオンデスク経由で予約せずに、エクスペディアを使って予約して、浮いたお金で行き帰りをタクシーにしても総額が安いだろって?

centurion
ダメ!それは言っちゃダメ!!

以上がメルマガの内容でした。

よろしければシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です