インビテーションの為の利用頻度考察

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK93_maxsquer20140531-thumb-1000xauto-17167
最終更新日:2015年10月1日 コンテンツの追加および校正

利用頻度とセンチュリオンカードのインビテーションの関係

センチュリオンカードのインビテーションをもらうまでの期間の利用頻度について、改めて見直しをして整理をしました。

詳細についてはセンチュリオンカード獲得のための利用頻度をご覧いただければと思いますが、もしも既に累積金額や利用期間などが私とあまり違いがないようなアメックス・プラチナのホルダーの方であれば、もしかしたら何かしらの参考になるかもしれません。

インビテーションまでの利用頻度

2015.09.14

私の場合は、金額の大小に関わらずほぼ毎日カード決済を複数回行っていました。

ここに至るまでの流れも多分理解してもらったほうが良いのですが、私は基本的にアメリカンエキスプレスでしか支払いを行わないような生活スタイルになっています。

これはセンチュリオンカードを獲得するためにやったわけではなく、単純にクレジットカードに支払いを集中していったということと、それに伴って日々の行動範囲や活動範囲が自ずと「アメリカン・エキスプレス」で決済ができるところ、という形に集約されていったという状況になります。

日々、頻繁に発生する支払いであればあるほどその形になっており、頻度が少ないものについてはその類ではありませんが。

PCやスマホのブックマーク、ネットで何かを購入する際に一番最初にチェックする項目、そのような細かいところが全体的にアメックス主体で形成されているので、必然的にそのような形に落ち着いたということになります。

結果として、利用頻度としては明細書の件数が100件を毎月超えるくらいになっています。

この経緯などについては別ページで改めて整理して情報開示しておいたほうが良さそうですね。

では、利用頻度の考察についても参考にしていただければと思います。

補足

念のために補足をしておきますが、回数が多ければよいという話ではないとは思いますが、少ないよりは多い方が良いのは確実だと思います。

また、利用場所に関しては別途また、細かく考察を述べたいと思っていますが、こちらについても「インビテーションに有利に働くかもしれない場所だけで利用」ではなく「どこでも利用していて、かつインビテーションに有利に働くかもしれない場所でも利用」と言う方が確実だと思います。

どちらかというと大は小を兼ねる的な考えをベースに持っていて問題ないのではないかと個人的には思っていますが、懸念点があるといえば特定条件下においてはあるかもしれません。

特定条件下における懸念点

アメリカン・エキスプレスがセンチュリオンカードのインビテーションについて、その消費性向からライフスタイルをプロファイルしているという前提でのお話になりますが、消費パターンが特定地域に限定されており、かつ旅行等のカテゴリーの出費がほぼ無いような方の場合の、その効果には疑問符をつけても良いかと考えています。

インビテーションまでの利用場所

2015.09.14

関連記事内でも述べていますが、消費性向と共に、「どこで使ったのか」という場所は重要な要素なのではないかと私は考えています。

これは利用場所という店舗の高級か否か等の話ではなく、東京から北海道、あるいは大阪から沖縄、香港やアメリカなどの地理的な利用場所という意味合いを意味しています。

この場所がより多岐に分かり、頻繁に色々な場所に移動を繰り返し、ホテルに宿泊する等のトラベル&エンターテイメントカードのメリットを最大限に享受できるようなライフスタイルの人かどうか?というポイントから考えた結論です。

センチュリオンカード会員と自己申告をしている方々のブログには、多くのケースとして良いホテルの写真とかありませんか?

それも一つの根拠にしている部分でもあります。

要するに、利用頻度を意識して日々の生活をより明確にしていくと、時間とともにどこにいるかがほぼ丸わかりになるわけです。

この結果として、もしも家と職場の行き気の繰り返しで、高級品を頻繁に買っているため利用金額は高額だが旅行は一切しない、ということが明らかに分かるようなパターンの人は、センチュリオンカードのインビテーションはなかなか獲得できない、といった可能性は排除すべきではないと考えております。

まとめ

利用頻度と関連したセンチュリオンカードのインビテーションについて考慮すべきは:

  1. 利用頻度は多ければ多いほど良いであろうという前提ではあるが、優先順位は「利用金額>利用頻度」だろう
  2. 地理的な要素の移動距離も重要(旅行をたくさんしている)と考えるため、旅行をしない人で利用頻度が高いと逆にインビテーションの可能性を狭める可能性は否定しきれないのではないか、という仮説も個人的には有ると思っていますが、そのカテゴリーに入る方は、ダイニングやエンターテイメント領域への支出を増やすと良いかもしれない

ダイニングやエンターテイメントの支出というのは、以下のようなイベントなども含むと考える。

センチュリオンカード会員用メルマガ@2015/09/29

2015.09.29

よろしければシェアをお願いします。

3 件のコメント

  • はじめまして。
    楽しく興味深く読ませていただいております、とても鋭く、他のどのサイトでも出会ったことのない文面に感嘆しております。

    わたくしは現在プラチナカードです。
    ひとつぜひともお伺いしたいのですが、
    カードの再発行についてはどうされていますか?(どうお考えでしょうか?)

    わたしも月に100件を超えるような頻度で利用しております、カード1枚のみをポケットに突っ込むというスタイルも影響しているかとは思いますが 頻度上 カードがどうしても一定期間でダメになります。(みっともなくなる)
    ので再発行をお願いするのですが すでに1周してしまっております。(ご存知なければすみません)
    これが実はマイナスになるのでは?と思ったりしています、普通であれば利用頻度の高いお客さんほどカードの再発行のペースは早くなりますよね?使わない人ほど1枚もらったカードが綺麗なままで 再発行など1度もお願いしたことがないという人もいると思います。

    今までにどれほどカードを再発行されましたでしょうか?また、何か再発行についての考察をお聞かせいただけませんでしょうか?
    よろしくお願い致します!

    • 3761様

      はじめまして。コメントありがとうございます。それでは本件について、個人的な考察を記載させていただければと思います。

      取り急ぎですが、カードの再発行という点については、わたし自身は依頼をしたことが一度だけございまして、普通よりも明らかに再発行が多いという場合には注意した方が良いのではないかと思われる点がいくつか、また3761様がセンチュリオンカードを獲得したとした場合にも注意した方が良い点が1つ、ございますので、合わせて投稿させていただきますね。

      しばらくお時間ください。

      また、今回のコメントを機に、プラチナホルダーの方にご自身の方の使い方に照らし合わせた形でご質問をいただき、それに回答していくような形でも面白いなぁと思いました。

  • コメント投稿いただきありがとうございます。投稿された部分でメッセージをとも思ったのですが私はこちらにメッセージすることにして もしかしたらその投稿を読んだ方が私のようにまた質問を投げかけていただけたらと思いこちらにメッセージさせていただきました。
    また、やはり質問や他者からの投げかけがあったほうが内容や奥行きも深く深くなっていくような気がしますね、非常に鋭い考察です、とても良いと思います。また、感謝いたします。

    私も やはり運営主様の「再発行は1回のみ」を聞いて、というかやはり財布に入れて持ち歩く方は を聞いてポケットに入れるのが明らかに大きい要因なんだと認識した次第です。ありがとうございます。
    デスクの方は どなたに聞いても「いえいえそんなことはございません」と言っていただけます、が、私的には「そんなことはないだろう」という気持ちも消えません、コストもかかりますしね・・。
    ただやはり私が「1周」と申した件がこれはどうなのかなと思った最大の要因なのですね。これは何か守秘義務のようなものもあるかもしれないのでとどめておきます。

    今回はありがとうございました。私のコメントに答えていただいただけではなく、何かサイトのためというか 他の方のためにもなったようなそんな心情です。これからも時間を見つけては閲覧したいと思います。

    この度はありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です